マッチングアプリOmiaiの個人情報が流出!?あなたは被害対象者?

2021年6月17日

マッチングアプリOmiaiで、恐ろしい事件が起きてしまいました。なんと、171万件の個人情報が流出した可能性があるというのです。しかも、この中には退会者も含まれているというのだから、一度でも使ったことのある人は安心していられません!
私自身も1ヶ月だけ過去にOmiaiを使っていた経験があるので、大慌てです。たった1ヶ月だけ利用して退会したのにこのザマ…アプリなんぞに頼らず、結婚したかった泣
今回は、今問題のマッチングアプリOmiaiを使ったことのある方に、個人情報流出事件と対象者かどうかについてご説明します。

マッチングアプリOmiaiの個人情報流出事件の概要

マッチングアプリOmiaiが、外部から不正アクセスを受けたことを公表しました。不正なアクセスを受けたのは171万1千756件分の個人情報で、年齢確認審査書類として提出された運転免許証、健康保険証、パスポートなどの画像データ。ちなみに、2018年1月31日から2021年4月20日の期間に提出した書類が流出した可能性が高いといいます。流出した情報は全体の6割以上が運転免許証の画像が占めており、個人番号が記載されたマイナンバーカード裏面の画像も1件含まれています。

不審な挙動を感知したのは4月28日であったものの、公表するまで3週間ほどの時間を要しており、隠蔽が疑われてもおかしくありませんが、なにはともあれ、Omiaiのユーザーにとっては今深刻な問題となっています。

マッチングアプリOmiaiの個人情報流出が恐ろしい理由

実は同日、メルカリでも不正アクセスがあり、個人情報が流出した可能性があるというニュースが流れました。
メルカリで流出した可能性があるのは、

・2013年8月から2014年1月にかけて、メルカリで取り引きした人の銀行口座の番号や名義人の名前
・スマホ決済サービス「メルペイ」に加盟している個人事業主の名前
・メルカリの従業員のメールアドレス

など、2万7889件にのぼる個人情報。
もちろん流出はどちらも心配な問題ですが、Omiaiと比べて規模が違うので、メルカリの方は大問題にならずに助かっているような状況になっています。とはいえ、個人情報が流出しているとしたら、不正利用などが心配ですよね!?

私はマッチングアプリOmiai個人情報流出の対象者?

Omiaiの個人情報が流出した可能性が高いのは、2018年1月31日から2021年4月20日の期間に年齢確認書類を提出した人です。つまり、この期間にOmiaiを利用していた方は既に退会していても、注意が必要となってきます。ここはもう本当に腹が立つところで、なぜ年齢確認後にデータを削除していないんだよ!?と思ってしまいました。

対象者にはアプリ上の通知機能を使って、お詫びと状況を説明するとのこと。相談センターも設置していて、電話と問い合わせフォームでの受付を開始しているそうです。退会した人に対しての対応は不明ですが、情報を残しているのなら、メッセージくらい送ってくるのが筋じゃないの?と思ってしまいますよね。
一人一人に調べさせるのは、ちょっと雑な対応すぎやしないか?だって、いつ使っていたかなんて正直覚えちゃいないでしょ…

もしも個人情報が流出してしまったら…

個人情報が万が一、流出してしまった場合は、悪用される恐れもあるため、対策が必要かもしれません。考えられる対策としては、警察に遺失物届を提出、免許証の再発行や再交付、信用情報機関へ申告などになります。口座、クレカ等の不正利用を防止するには、日本情報信用機構JICC、CIC、全国銀行協会の団体に本人申告をします。今のところ、クレジットカード情報は保有していないとのことでしたが、とりあえずどのような対応が必要なのかは、流出した可能性のある方にOmiai側からご指示願いたいものですね。

問い合わせしても返信が来ない人もいるみたいですが、なんせ171万件に対し、60人以上で対応中だそう。171万件に対して60人以上というのはどう考えても規模が違うとしか思えませんが、問い合わせした方は大人しく待つしかなさそうです。

問い合わせフォームからも情報流出!?

Omiaiで不正アクセスがあった対象者かどうかを調べるには、コーポレートサイトの問い合わせフォームに必要事項を入力して問い合わせすることになりますが、ここでもまた問題が起きてしまいました。実は、一時的に問い合わせフォームに入力した個人情報が閲覧できる状態になっていたそうです。

閲覧可能となっていた個人情報項目は、
・会社名
・部署名
・会社URL
・お名前
・フリガナ
・電話番号
・メールアドレス
・お問合せ内容の一部

閲覧可能となっていたのは、2021年5月19日11時~5月22日15時までの間に問い合わせフォームを利用した37名だそうです。
慌てて問い合わせしたがために、ここでもまた情報が漏れてしまった方もいます。そもそもOmiaiを使ってすらいなかったのに問い合わせて無駄に情報が流出してしまったという方もいるのですから、洒落になりません。
婚活していると、さまざまなマッチングアプリを併用するのはよくある話。過去に使っていたアプリなんていちいち覚えていないものですから、pairsだか Omiaiだか、何を利用していたのかわからなくなって問い合わせる人がいてもおかしくありません。
そして、情報流出とは…なんたる杜撰な管理なのかと、苛立つのは当然。慌てて問い合わせをしたら、知らない人からメールが届き、この件が発覚したという方もいました。

私がすぐにOmiaiを退会した理由

今回の件とは関係がないのですが、私はもともとOmiaiを使ってすぐに退会しました。
私がOmiaiを利用していたのは、恐らく30代以上の女性が有料だった頃のことだと思っています。なぜなら、1ヶ月で退会したから。有料なら害がないので、出会えるまで登録しっぱなしにしたはず。ワイは、そんな性格ですから。

とりあえず、どんな人がいるのかのぞいてやろうじゃない!?くらいの気持ちで登録したのですが、当時の感想といえば、「pairsと会員かぶっとるやんけ!」の一言。そして、pairsに比べて全然いいねが来なかった。恐らく20代以下の女性をエサに男性を釣っているので、30代以上なんて相手にしない男性ばかりなんでしょう。即、やーめた!って思ったんですが、一人だけ30代後半年収1,000万円以上の男性とマッチングしました。

見た目はそれほどタイプじゃないにせよ、条件は良好。とりあえずメッセージを始めると、たいしたやり取りもなく、食事に誘われました。興味持たれてない感満載だけど、一応アポ決定。雨の降る東京駅で、平日19時に待ち合わせ。雨とか降る時点で、テンション下がるから…

待ち合わせ場所に現れた男性はフツメンだし、お店も予約してくれていたけど…乾杯するやいなや、なんでマッチングアプリを使っているかという話になり、そこで驚愕の事実を知ることになったんです。その男性、実はOmiaiの開発者だったんですよ…

さくら!?サクラ!?桜なのかい!?
「自分が開発してるアプリなわけだし、リサーチは必要でしょ」ってさ、真剣に婚活しているこちらの身にもなってよ。無駄足よ!?

この日は、婚活を忘れて飲むことにしました。男性は既に何人かの女性と会っているようでしたが、強烈な女性が多かったようで、一人一人の特徴を懇切丁寧にお話しくださいました。今後は、私もネタの一人に加わるのだろうか…というわけで、1ヶ月だけ使って退会したのです。

まとめ

とにもかくにもOmiaiは今危険なマッチングアプアプリになってしまったわけですが、そもそも使っている方はとりあえず自分の情報が流出していないか、確認するのが最重要事項です。Omiaiにも問題があるけれど、不正アクセスするような犯人をもっと厳重に取り締まってくれないもんかね。ネットの時代だからこそ、きっちりやらないと、どんどんIT後進国に成り下がっていってしまうと思うのです。なにより、マッチングアプリを使っていたことが漏洩することこそ、婚活中の人間にとっては痛い出来事なんですから。