35歳でも婚活成功!マッチングアプリより結婚相談所を使うべき理由

2021年8月31日

以前は出会い系として避けられてきたネットによる婚活ですが、最近ではマッチングアプリが浸透し、ネットによる出会いに後ろめたさを感じる人もいなくなったのではないでしょうか!?躊躇いもなく利用する人が増えたマッチングアプリですが、35歳以上の婚活には向いていません。

35歳以上の婚活を成功させるには、マッチングアプリよりも結婚相談所での活動がおすすめです。その理由を、10年以上婚活し続けてきた私が実体験とともに説明します。

婚活が成功しにくくなる35歳という年齢

35歳になると、体力・気力が衰え始める

いくら見た目が若い女性でさえも、35歳を超えると少しずつ体力が低下します。体力の衰えが顕著になるのは40歳を過ぎてからになりますが、40代に突入した途端、デートさえも疲れを感じるようになります。衰えるのは、体力だけじゃありません。個人差はあるにせよ、相手を好きになるという恋愛感情も徐々に感じられなくなっていきます。それでも、30代のうちなら多少は体力も気力も残っています。重い腰を上げられるうちに上げておかないと、婚活すら面倒になっていきます。

ついでに、結婚がゴールというわけでもありません。結婚は、新生活のスタートです。どんなに好きな人と結婚しても、赤の他人との生活にはものすごいストレスが溜まるものです。さらに、結婚が遅くなればなるほど、自分の生活スタイルが出来上がってしまうので、慣れた生活スタイルを変えるのは大きな試練になります。甘い新婚生活が待っていると思ったら、大間違い。

35歳になると、家庭や仕事の事情から婚活に専念できなくなることもある

35歳を過ぎてから、会社で責任のある仕事を任される人もいるでしょう。親の介護など、家庭の事情も無視できない問題です。たとえ本人が若いつもりでいても、ずっと婚活に専念できる状態が続くとは限りません。のんびり恋愛している暇があるのは、20代のうちです。35歳過ぎたら、短期間で結婚までたどり着く相手と出会うのが効率的です。

35歳を過ぎた女性は、結婚相手としての需要が減ってくる

35歳過ぎても40代50代より需要があるのは事実ですし、マッチングアプリでもまだまだ“いいね”がつく年齢です。それなりに出会いがあるので、「まだまだいけるかも!?」と思うかもしれませんが、恋人としてなら、不倫相手としてならの“いいね”も含まれていることを忘れてはいけません。厳しいことを言いますが、結婚相手を探す男性の多くは少しでも若い女性を望みます。35歳を境に、結婚相手として選ばれる確率は少しずつ低下するのが現実です。

一方、女性側も結婚相手を探すとなると、相手の年収や職業、学歴など、いろんな条件が気になり始めるものです。希望条件を満たす男性と結婚したいのであれば、需要が残っているうちに婚活をして理想に近い男性を捕まえておくのが婚活を成功させる近道です。それこそ40代に入ると、"いいね"してくる男性事態減ってくるので、選べる男性も減る一方。年齢を重ねれば重ねるほど、いろんな条件を諦めなければなりません。

婚活を成功させたい35歳以上の女性にマッチングアプリをおすすめしない理由

若い男女に人気のマッチングアプリは恋人探しにはもってこいですが、35歳以上の婚活にはおすすめできない理由があります。

マッチングアプリは既婚者も利用できる

結婚相談所とマッチングアプリの最大の違いは、利用者が独身に限定されているかどうかという点です。結婚相談所の場合、入会できるのは独身に限られています。結婚相談所では、必ず独身証明書の提出が求められます。独身証明書は公的な機関が発行する公的な書類なので、偽造することはできません。

一方、pairsのように有名なマッチングアプリでも、独身証明書の提出までは求めていません。だからこそ、気軽に利用できるのですが、既婚者さえも利用できてしまうのが現実です。「マッチングアプリで既婚者に騙された」「マッチングした相手が既婚者っぽい」といった声が、SNSには常に溢れています。運が良い人や相手を見抜く力がある人なら、マッチングアプリでも結婚相手を見つけることができるかもしれませんが、人間不信や疑心暗鬼になりながら婚活を続けている女性は少なくありません。なかなか結婚できず、婚活アポをループしている人が溢れているのが現状です。

その点、結婚相談所には独身しかいませんので、「既婚者かも?」という不安がありません。安心して、お相手と向き合うことができます。もちろん結婚相談所の性質上、同時進行している人もいるとは思いますが、既婚者に騙されることは絶対ありません。婚活成功への近道は、結婚願望のある相手と出会うこと。簡単なことだけど、これを満たすのは結婚相談所だけなのです。

マッチングアプリは結婚相手を恋活で利用している男性の比率が大きい

マッチングアプリには既婚者のほかに、恋活で利用している男性も少なくありません。遊び目的とまでは言いませんが、私が出会った大半の男性が恋活利用でした。結婚したくなったら結婚するけど、結婚前提では付き合う気のない男性たち。結婚相手は探していないと断言する人もいました。

恋活男はあーだこーだ理由をつけて、絶対結婚しません。「結婚を前提に」と言っておきながらダラダラ伸ばした挙句、1年後に結婚する気ないことを白状した人もいました。平気で嘘をつくような男性が、マッチングアプリには紛れ込んでいます。恋したいだけならマッチングアプリを利用すれば良いけれど、結婚したいなら手を出さないのが賢明です。35歳からの婚活を成功させるためには、1分1秒たりとも時間を無駄にしてはダメなのです。マッチングアプリを利用すると、貴重な時間を無駄にするリスクがあることも知っておいてください。

婚活成功しない35歳以上の女性が結婚相談所を躊躇う理由

安心して出会える結婚相談所があるにも関わらず、なぜ35歳以上の女性はマッチングアプリを利用し続けるのでしょうか?

料金が高いと思い込んでいる

結婚相談所を利用しない女性の多くは、恐らく「結婚相談所の料金は高い」と思い込んでいるのではないでしょうか?実際に、一部のマッチングアプリは無料で利用できます。結婚相談所は審査が厳しく、様々な手間が発生する分、マッチングアプリのように無料というわけにはいきません。

ですが、最近では月額1万円以下、成婚料やお見合い料などの追加料金が発生しない格安の結婚相談所もあります。たとえば、店舗を持たないオンライン結婚相談所のスマリッジやエン婚活エージェントがこれにあたりますが、入会金無料キャンペーンなども定期的に行っているので、月額のみで婚活することも可能です。私が調べた限り最もリーズナブルに婚活できるスマリッジの場合、入会金6,000円(税込6,600円)、月額9,000円(税込9,900円)のみで活動することができます。

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

仲人に希望条件に見合わない男性を紹介されると思い込んでいる

結婚相談所というと、うるさいおばちゃん仲人が希望に合わない男性ばかり押し付けてくるのでは?と思っている人もいるかもしれません。でも、今はそんな時代ではありません。先程、お話ししたスマリッジの場合、紹介はお互いの希望から導き出された自動マッチングによるものです。もちろん断ってもOKだし、しつこく理由を聞かれることもありません。自分から希望する相手に申し込めるのも、オンライン婚活のメリットです。婚活を成功させたい人は紹介を待つだけでなく、積極的に検索して申し込めば良いだけの話です。

費用をかけずに婚活を成功させたい35歳以上におすすめの結婚相談所

「あまりお金をかけずに婚活したい」「自分の希望に合う男性と出会いたい」そんな35歳以上の婚活を成功させるために利用したいのが、オンライン結婚相談所です。オンライン結婚相談所というのは、結婚相談所とマッチングアプリのメリットだけを合わせたような都合の良い婚活です。独身証明書を提出した人だけが利用している点は結婚相談所と同じですが、自分の希望に合う男性を検索して申し込みできる点はマッチングアプリと同じ。

ついでにいうと、マッチングアプリよりも年収の高い男性が多いです。収入証明書も提出しなければならないので、マッチングアプリのように詐称も不可能。さらにここだけの話、マッチングアプリよりも爽やかイケメンが多い印象。実際に利用してみたところ、条件・見た目ともにマッチングアプリよりずっと理想に近い男性とコンタクト成立しています。そして、マッチングアプリに多い高齢男性からの申し込みもないのが清々しい!!

女性は家事手伝いでも問題なく男性から申し込みがきますので、職業や収入を気にする必要もありません。まさかここまでハイスペックな男性が多いとは、想像だにしていませんでした。マッチングアプリで婚活が成功しない35歳以上の女性には、オンライン結婚相談所を早めに利用することをおすすめします。

35歳以上で婚活を成功させるためのコツ

35歳過ぎの婚活を成功させるためには、時間も体力も無駄にしてはいけません。大事なのは、出会いの場を厳選することです。若者に人気のマッチングアプリには既婚者や遊び目的の男性もいるので、それを見抜く目が必要になります。「この人、結婚する気あるのかな?」という疑惑を持ちながら婚活するよりも、最初から結婚相手を探している独身男性に的を絞った方が断然成功率もアップしますよ!

家事手伝いの私にも申し込み殺到しています。家でも結婚相手を探せるオンライン結婚相談所は↓
婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】