もしかして婚活うつ?婚活中のデートがつまらないと感じる理由

2020年8月16日

TBSの火曜ドラマ『G線上のあなたと私』の5話で、波留演じる主人公の小暮也映子がオミカツパーティー(婚活パーティー)に参加。そこで、カップルになったのが、えなりかずき演じる白鳥。

このえなりを見て、私は嫌な過去を思い出してしまいました。

私が初めて婚活パーティーで出会ったえなり似のハイスペ男。

婚活パーティーに参加していた白鳥は、良い学校を卒業したおぼっちゃまで、有名企業で働くサラリーマン。母親が喜ぶくらいだから、結婚したら安泰なはず!

でも、也映子は白鳥よりも加瀬理人(中川大志)といることの方が楽しいと気付いてしまいます。白鳥との食事は無駄な時間とさえも言っていました。

私は、初めての婚活相手がえなりだったので、えなり以外の相手と会う度に、この感覚を味わっていました。唯一、也映子と違う点が現実ではえなりがイケメン枠ということです。現実は、中川大志のようなイケメンなど現れないんです。クーーーーッ

まあ、そもそも婚活ってつまらないものなんです。婚活に恋愛のウキウキした感情を求めること事態、間違っているんです。

婚活パーティーに行く時の気持ちは、まるでお通夜のような暗さでした。しかも、自分だけ取り残されて、一人で婚活パーティーに通うようになった時の落ち込みようときたら。

とりあえず、カップルになって見知らぬ男性と食事をする。也映子のような暗い気分になるんです。

私は也映子が白鳥とデートしていた時の状況を見て、婚活で出会う男性との食事風景をありありと思い出してしまいました。なんていうか、つまらない。少々前置きが長くなりましたが、「なぜ婚活で出会う男性と会ってもつまらないのか?」お話ししたいと思います。

婚活で出会った男性と上手くいかない4つの理由



①男性が距離感を掴めていない

『G線上のあなたと私』に出てきた白鳥というサラリーマン。イケメンではないにしろ、我慢出来ないレベルではないと思うんです。なのに、白鳥と一緒にいる時の也映子のつまらなそうな顔ときたら。

私にも同じような経験があります。恐らく婚活している女性なら、一度は経験あるのではないでしょうか?

婚活パーティーでいきなりカップルになったり、結婚相談所やマッチングアプリで出会った男性と食事に行ったりするのって、結構緊張するものです。

だって、相手がどんな人かわからないから。

それなのに、ガンガン距離を縮めてこられると、「おいおい!私まだ付き合うなんて一言も言ってないよ!?」って引いちゃうんですよね。

距離感が掴めていない男性は、たいていモテないタイプが多い。白鳥もそうだけど、先走りして勝手に話を進めていくんです。相手の気持ち、理解してますか??温度差があればあるほど、女性の気持ちは引いちゃうんですよねえ。。

②解放感で婚活をお休みしてしまう

たいていの女性は愛想笑いで、男性の話に合わせる人が多い。だから、食事やお茶をした後は、どっと疲れが出てしまうんです。

はあー、終わったー

「婚活した私、偉い」なんて思ってしまうことも。はたまた『G線上のあなたと私』の也映子のように、婚活したことに満足して、婚活よりも好きなことを優先してしまう女性も少なくありません。そりゃ、気心知れた友達と過ごしている方が楽しいに決まってますから。

也映子は白鳥と過ごした時間を無駄だと言いました。それは、相手を好きじゃないから。好きな相手となら、無駄な時間も無駄じゃなくなります。

つまらない時間に付き合わせる男が悪いって?親しい間柄ではない相手との婚活は、どうしても疲れるもの。婚活せずに結婚できる人が羨ましいですよね。

③婚活で出会った相手に恋愛感情を抱けない

一番、大きな問題は婚活で出会った相手に恋愛感情を抱けないということ。でも、婚活=恋愛と考えていたら、一生結婚できません。

なぜなら、婚活は好きな相手を探す場ではないから。結婚相手というのは、もっと現実的なものであって、好きとか嫌いとかよりも、生活できるかどうかがポイント。

あまりにも一緒にいて不快じゃなければ、それなりになんとかなるんです。だけど、結婚相手を選ぼうもしていること事態、間違っているんです。

どんな相手であれ、選んでくれた相手を素直に受け入れないと、幸せを掴むことなど出来ません。

④男性と女性の恋に落ちるスピード感の違い

最初はどちらかというと、女性の方が男性に対して拒否反応を示しがち。男性の方がガツガツ推しまくるるんです。でも、推された女性は引いてしまい、打たれ弱い男性はそこで諦めてしまうことも。

ただ、潔く身を引かれると、今度は女性の方が気になり始めるんです。推しに推されている時は恐怖感さえ覚えるのに、急にいなくなられると寂しくなる。人間ってわがままなもんです。

ですが、「時、既に遅し」ということが多く、気持ちを切り替えて婚活している男性もいます。そうやって、後悔する女性も少なくないんです。

婚活で出会った男性と結婚する3つの方法




結婚できない理由を説明しましたが、結婚する方法もちゃんと紹介しますので、ご安心ください!

①加点方式で相手を見る

婚活が上手くいかない女性は、いわゆる減点方式で相手を見てしまっています。特に、新たに目の前に現れた男性を他の誰かと比べていませんか?

人ってみんな違うから、条件だけで判断できるものではないんです。「ここがダメ」「この人のここが嫌」って気持ち、よくわかります。

でも、たとえお金があったとしても、それだけではないですよね?暴力を振るうような男性とは結婚したくないですよね?

元カレより収入が低くたって、不細工だって、優しい人なら良しとする気持ちこそが結婚への近道です!

②自分が選ぶ立場だと思わない

忘れられない相手や諦められない相手がいるなら、好きじゃない相手との婚活に気合いが入らないのもわかります。だけど、夢や理想だけで結婚できるほど甘くない世の中だということもお忘れなく!

時間はあっという間に過ぎ去ります。えなりなんて、まだまだ婚活ではイケメンの部類と言いましたが、だんだん村上ショージのようなおじさんとか出てきます。かくいう私も、えなりに振られたのですから、現実は本当に厳しいものです。

「次こそはもっと素敵な相手を!」という希望は捨て、アプローチしてくれる男性を受け入れてみてください。

③時間をかけて関係を育む

『G線上のあなたと私』の中でも北河(松下由樹)さんが、「時間が大事」と言っていました。北河さんが選んだカーテンにケチをつけた姑に対して、旦那がバシッと言ってくれた思い出を語り、悪いとこばかりじゃないから相手を憎みきれないと言っています。

つまり、婚活相手とも時間をかけて関係を育まないと、何も生まれないのです。長い時間一緒に過ごす中で、生まれる愛着。人生の一部を切り取った時にいろんな人との思い出が蘇るのも悪くはないけれど、濃い関係の相手がいるというだけで、人生も味わい深いものとなります。

けど、結婚は良いことばかりではないとも言っていますよね。結婚に期待し過ぎていると、ガッカリ感も半端ないので、あくまでも日常生活の延長と考えて、同じ時間を探せる相手を見つけてみてください!

絶対、結婚できない男の特徴とは?

厳しいことも言いましたが、どんなに頑張っても結婚できない相手がいます。也映子が白鳥とのデート中にゾワゾワとしたという感覚。あれ、生理的に無理なサインです。

割引券を使う男が嫌いなわけじゃなくて、割引券が決定打になったということです。その瞬間にわかってしまったんでしょう!こいつは無理!って。

割り勘する男性が嫌いという女性も、割り勘だけの問題ではないはず。なんとなく違和感を感じつつも、最後のお会計で全てに気付いちゃうパターン。

どんなに頑張っても、生理的に無理は無理なので、そこだけは頑張らなくてもOK!

婚活はつまらなくて当たり前!

朝から婚活パーティーをはしごして、夜10時に一人で帰路に着いた時は、「誰でもいいから、結婚してくれ…」そんな気持ちになりました。

多分、婚活を繰り返しても、ワクワクするような相手と上手くいく確率は宝くじに当たるくらい。今、一緒にいてつまらない相手でも、もう一度よく考え直して、良いところを見つけてみませんか?

恐らく一つはあるんです。良いところが。
いつまでも婚活を繰り返していると、10年後も独身の可能性は高まります。婚活続ける時間とお金の方がずっとずっと無駄ですからーー!!!

『G線上のあなたと私』は婚活中の女性にとっては、結構深い内容の話だと思うんですよね。今、婚活停滞中の皆さんにこそ、真剣に見てほしいドラマです。

ちなみに、私が大企業のエリートサラリーマンと出会えたのは、婚活パーティーの『ホワイトキー』でした。クリスマス前は参加者が増えるので、イケメンやハイスペ男子と出会える確率が上がりますよ!